• このエントリーをはてなブックマークに追加

教師 弁護士保険

教師01
教師・学校の先生の職場は非常に過酷な現場です。
その為か、鬱(うつ)病にかかり易い傾向があるようで、労働時間は長く、休息を取れる時間も殆ど無いと聞きます。

朝の8時前には職員会議が行われ、8時30分には1時間目がスタート。給食の時間はあるにせよ、給食指導のため休憩にはならず、まとまった休憩は取れていないのではないでしょうか。夕方からも委員会活動や職員会議、部活などがあります。それらが終わった後でも、クラスの担任なら担任としての仕事や連絡用のプリントの作成等、仕事内容的には飽和状態です。

仕事が終わらせられなければ、残業ということになるのですが、月曜~金曜で毎日4時間の残業をした場合、1ヶ月では80時間の残業となります。月間で80時間の残業が6ヶ月間続き、脳卒中や心筋梗塞が起こった場合、厚生労働省の基準に照らし合わせると原則労働災害(公務災害)の可能性が。

教師・学校の先生の公務災害対策

教師へのストレスは年々増え鬱病などの精神疾患を患ってしまう方も増加傾向にあると聞きます。こういった状況の中であっても、鬱病や精神疾患は公務によって引き起こされたものでは無いとして、公務災害認定を却下されてしまうニュースも見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

今や公務災害(公災)を申請する場合は弁護士などの協力無くしては、難しくなっているという見方も出来ると思います。

自分が鬱病になってしまった時の事を考えて、予め弁護士等からアドバイスを受け、勤務しているうちからしっかりと対策をとっておくことで公務災害認定の結果は大きく変わることが考えられます。

問題が起こってから対策するのでは無く、あらかじめ未然に防止できるようにする事が、教師・学校の先生などストレス性の高い職業に就いている方には求められる時代となっています。

弁護士保険では弁護士を利用したときの費用を補償してもらえるのはもちろんですが、弁護士直通ダイヤルで事前に弁護士へ相談が出来ます。日々の業務が過酷でもしかしたら鬱病になってしまうかも…と不安を感じている場合は、予め弁護士に聞いて公務災害を申請する際にどういった証拠を集めておけば認定に有利かを事前に聞いて対処策を検討してみてはいかがでしょうか?

丸山弁護士からも推薦を頂いています。

丸山弁護士 推薦




Mikata ポイント
Mikata サービス



教師こそ弁護士保険の検討を!

上記で見て頂いたように、教師の現場は過酷そのものです。教師という職業は業務内容と見てみると多岐わたる業務があり、そういったことも教師を締め付ける要因でもあるのではないでしょうか。
また、今後9年で教職員3万7千削減すると財務省が打ち出したことも記憶に新しいと思います。今後、教師を取り巻く環境がさらに悪化することが懸念されます。

教師 弁護士保険

だからこそ自分を守る為にの教師 弁護士保険は有効なのです。この先さらに教師の環境が悪化すれば、さらにストレスが増え、鬱病にかかってしまったり、生徒の両親とのトラブル、教師間でのトラブル等の増加が考えられます。

弁護士保険はそういったトラブルを未然に防ぐと共に、「弁護士直通ダイヤル」や「悩ごと相談ダイヤル」で専門家に相談することが出来ます。教師に弁護士保険は無縁と思われている方でも、日々のちょっとした悩みごとなどの相談にのってもらえるので、トラブル解決の手助けになればと思います。

教師 弁護士保険に関して、あなたの意見をお聞かせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です